医院紹介

当院の理念


地域の人々の医療ニーズにこたえられるよう、安全かつ信頼できる医療を提供し、 健康で明るい地域社会の発展に貢献すること

当院の基本方針

私は医師になってから救急医学領域と脳神経外科領域での研鑽を積んでまいりました。“救急医学”というと急性期医療だけと考えられがちですが、 慢性疾患(高血圧・糖尿病・呼吸器疾患・悪性腫瘍など)の患者さんも多数診療してきました。専門性が進む最近の医療の中で、今まで蓄積した知識と スキルを最大限に発揮しながら幅広い領域の疾患に対応すること(専門の医療機関への橋渡しも含めます)を目指し基本方針を考えました。

  • 地域のみなさんにとってかかりやすい、信頼できるクリニックを目指します。
  • 患者さんの権利を尊重します。
  • 安全な医療の提供に努めます。
  • 医療の質向上のために、積極的にスタッフの継続的な教育(学会参加や学会発表など)に取り組みます。
  • 他の医療機関との良好な関係を構築し、より良い地域連携に努めます。
  • 明るい職場づくりに取り組み、温かい雰囲気のクリニックを目指します。

当院の特色

急性期疾患(急な症状やケガなど)全般については“まずは診察”を心掛けます。その上で、 入院加療やさらなる高度な精査が必要な場合は適切な医療機関を紹介します。名前の“メディケア”にも掲げたように、 高齢者や障害者の方々の診療についても積極的に取り組みます。

院長メッセージ


救急救命医療を行う日本D-MAT隊員(災害派遣医療チーム)の専門医として多くの患者様に 貢献して参りました。東海地震が心配される中で、自院の患者様がいざ災害というときに 迷わないようなトリアージ医療を提供します。救命救急医療の長年の経験によって地域の患者様に 日頃から頼っていただける医院が目標です。診療科名もよくわからない方もいらしゃると思いますので このような症状の患者様は、当院にお気軽にご相談下さい。 「風邪を引いた・頭が痛い・おなかが痛い・めまいがする・手足がしびれる・打撲・手や足を切った・ 力が入りにくい・耳や鼻の具合が悪い・咳が出る・物忘れ・床ずれ」など、あらゆる症状の患者様の 治療に貢献できます
*トリアージとは、災害発生時に疾病の緊急度に応じて適切な搬送・治療を行うことです。

院長プロフィール

略歴
平成5年 3月 和歌山県立医科大学卒業・北里大学病院救命救急センター・和歌山県立医科大学附属病院・聖マリア病院脳神経センター・大阪大学医学部脳神経外科及び関連施設等で研鑚
平成19年 4月 静岡済生会総合病院 救命救急センター長
平成24年 5月 関東労災病院 救急科部長(25年より救急総合診療科部長に改変)
平成27年 5月 ひがしおかメディケアクリニックを開院
所属学会
日本救急医学会
日本臨床救急医学会
日本集中治療医学会
日本外傷学会
日本脳神経学会
日本蘇生学会
日本呼吸治療医学会
日本集団災害医学会 等
専門医
日本救急医学会救急認定医(現在、救急科専門医に移行済み)
日本脳神経外科学会専門医
評議員
日本臨床救急医学会評議員
日本外傷学会評議員
札幌医科大学神経内科非常勤講師
日本集団災害医学会評議員
日本集団災害医学会セミナー委員会委員長
資格
JATECインストラクター・インストラクタートレーナー
AHA BLSインストラクター・コースディレクター、PALSインストラクター
ICLSコースディレクター、ISLSコースディレクター、東京DMATインストラクター
日本DMAT隊員/統括DMAT隊員、日本集団災害医学会セミナーインストラクター
ICD(インフェクションコントロールドクター)

臨床研修指導医養成講習会およびプログラム責任者養成講習会、サーベイヤー講習受講済み

クリニック概要


  • 受付時間:午前8:45~12:45、午後14:45~18:45、土曜14:45~17:45
  • 診療時間:午前9:00~13:00、午後15:00~19:00、土曜15:00~18:00
  • 休診日:水曜日、日・祝日
  • 診療科目:救急科、脳神経外科、内科
  • 診療設備:レントゲン、超音波エコー(心臓・腹部・血管)・十二誘導心電図・ホルター心電図・呼吸機能検査・重心動揺計・簡易血液検査機器